ご予約

室町ゆとねの過ごし方

長い歴史に育まれた文化、刻一刻と巡る季節感を味わえる特別な場所…京都…。
何度訪れても新しい魅力を発見できる場所です。
自分の好みをピックアップして、計画を立て思い出深いご旅行を。
室町ゆとねで過ごす京都旅行へ思いを巡らせてくださいね。

1日目

雨の日を楽しむ京都

13:30京都駅 到着

京都駅についたら市バス、地下鉄、又はタクシーで
「室町・ゆとね」へ向かいます。

バス
A1乗り場から「5号系統」、D3乗り場から
「26号系統」に乗り、バス停「烏丸松原」下車。
地下鉄
京都市営地下鉄烏丸線に乗り、「五条駅」下車。
タクシー
約10分
※迷われた場合はこちらにて道案内をさせていただきます。
アクセス詳細はこちら
京都

ゆとねに到着

14:00チェックイン

染め抜きの暖簾をくぐり、箱庭のようなアプローチを抜けると、
スタッフが笑顔で迎えるフロントへ。
華やかな絨毯は、段通と呼ばれる毛足の長いもので、
ふかふかしています。

  • 暖簾
  • アプローチ
フロント

お部屋でひと休み

お部屋
築約100年の京町屋は和モダンのインテリアで、不思議と落ち着きます。

さっそく浴衣に着替えて、部屋の中をチェック♪
浴槽はひのき風呂で、とてもいい香りがします。
ロクシタンのアメニティは爽やかな香りで、ヘアゴムやターバン、
照明付きの拡大鏡やヘアアイロンなど、アメニティも充実しています。

ティーセットにはコーヒーマシーンや
オリジナルブレンドコーヒーの他、京都一保堂のお茶やジュース、
お菓子もあります。
ディカフェもあるので、おやすみ前にもコーヒーを楽しめます。

お部屋詳細はこちら

  • 洗面所
  • ティーセット

館内で過ごす

17:00今日は雨なので、観光は明日にして、
館内でゆっくり過ごすことにしましょう。
廊下に出て、雨に濡れる日本庭園をしばし眺め、禅の気分を味わいます。
日本庭園
読書やオセロ 思い思いに過ごす
ラウンジ ガイドブック・小説

ラウンジには京都のガイドブックや小説、イベント情報がたくさん!ティーコーナーも充実していて、ずっといられそうです。

オセロ マッサージチェア

オセロを楽しんだ後は、穏やかなBGMとマッサージチェアで気持ち良くなってうたたねしてしまいました。

18:00雨音に耳をすます。

市内中心部とは思えないほど
静かで落ち着いた中庭の雨音に、心が洗われるようです。
とはいいつつも、お腹が空いてきたので、そろそろ夕食を…。

  • 植物
  • 植物
中庭

お食事

18:30情緒溢れる空間で楽しむ
旬の素材をふんだんに生かした京会席。

季節ごとの旬の食材を使った本格的な京の会席料理をお楽しみいただけます。
お食事処は館内にあるので、食事後はすぐにお部屋でゆっくり過ごせるのが良いですね。
本格的な京会席にお酒もすすみます。

お食事詳細はこちら
お料理
  • お食事処
  • お食事処

お食事処とエントランスの壁には絹の反物が飾られており、とても華やかです。
室町ゆとねのある地区は、特に呉服商が盛んな地域だったそうです。

お食事処

ライトアップされた中庭は幻想的な雰囲気を演出

ライトアップされた中庭
20:00夕食の後・・・お部屋に戻って
もう一度ゆっくり
お風呂を楽しむ。
  • お風呂
  • お風呂
22:00心も体も温まり、ふかふかの
シモンズ製のベッドで就寝。
おやすみなさい♪
ベッド

2日目

和情緒に浸る、京の朝。

7:00凛とした
朝の雰囲気を楽しむ。
翌朝、いつもより早く目が覚めて、
良いお天気のお庭を特等席で眺めながら、今日の行程を考えます。

お部屋

8:00料理長の手作り和朝食
京都のやさしい朝ごはんが染み渡り、お腹も心も満たされます。

和朝食

11:00チェックアウト
朝食後、スタッフにお勧めスポットを教えてもらい、便利な地図をもらいました。
今日は近くの着物レンタルショップで着物をレンタルして市内を散策した後、
京都駅でお買い物をすることにしました。
荷物は「キャリーサービス」で京都駅まで送ってもらえるので、
手荷物を持たずに観光を楽しめます。

チェックアウト

何度でも帰りたくなる宿
心身ともに心地よく癒された時間。
「ゆ」っくり 「と」まって 「ね」て
宿を出発するときにはその言葉が心に残り、
何度でも帰りたくなる宿。
またのお越しをお待ちしております。